【画像】鈴木彩艶の小さい頃がかわいい!幼少期の天才エピソードも!

浦和レッズでU―22日本代表の鈴木彩艶選手が注目されています。

鈴木彩艶選手は、小さい頃からサッカーの天才だと言われていて、どんな幼少期だったのか気になりますよね?

この記事では、

  • 鈴木彩艶の小さい頃の画像
  • 幼少期の天才エピソード

という内容でお届けしていきます!

スポンサーリンク
目次

鈴木彩艶の小さい頃のかわいい画像!

鈴木彩艶選手の小さい頃の画像がこちらです。

かわいい!まだおしゃぶりをしています。

画像は2歳ごろの写真ではないでしょうか。

鈴木彩艶選手は、アメリカ生まれで埼玉育ち。

父親はガーナ人、母親は日本人です。

幼稚園の頃から、兄とサッカーを始めて、はじめは遊びだったと言います。

小学生の頃の鈴木彩艶選手の画像がこちらです。

すっかり大きく成長していますね。

この後、鈴木彩艶選手の幼少期のエピソードも見ていきましょう!

鈴木彩艶の幼少期の天才エピソード!

鈴木彩艶選手の幼少期の天才エピソードは、

  • 小学4年生の時に6年生の試合に出ていた
  • 幼少期のポジションはGKだけではない
  • ピアノも習っていた!
  • 実は努力の人だった!

ということで、詳しく紹介していきます。

①小学4年生の時に6年生の試合に出ていた!

鈴木彩艶選手は、小学4年生のころから、メキメキとサッカーの実力をつけていきました。

なんと小学4年生なのに、6年生の試合に出ていたそうです。

試合ではPK戦で、相手は6年生なのに3本もシュートを止めたんだとか!

ゴールキーパーの才能が目覚めていった頃のようです。

②小さい頃のポジションはGKだけではない

鈴木彩艶選手は、小学生の頃、ゴールキーパー以外にも他のポジションで試合に出ることもあったと言います。

試合の前半にゴールキーパーをやって、後半にフォワードなどの攻めのポジションもやっていたんだとか。

しかも、とても足が速く、得点力もあったそうです。

ちなみに、鈴木彩艶選手のポジションがゴールキーパーなのは、本人曰く、ボールを止めるのが楽しかったからだと言います。

鈴木彩艶選手は、小さい頃からサッカーの天才だったんですね!

③ピアノも習っていた

鈴木彩艶選手は、実は幼少期にはピアノも習っていました。

ピアノは、楽譜を見なくても引ける腕前だったと言います。

鈴木彩艶選手は、歌も好きだったらしく、小学生時代は廊下で大声で歌を歌っていて、先生に叱られていたこともあるんだとか。

鈴木彩艶選手は、当時の頃を振り返ると、「目立ちたかったのか、思い出すと恥ずかしい」と語っていました。

④実は努力の人

鈴木彩艶選手は中学生の頃から、1人だけオーラがあり、周りとは違ったと、友人が語っていました。

中学1年生の頃、放課後に、走って一度家に帰って、また走って練習場に行っていたと言います。

練習場には、練習開始の1時間前に行って、誰よりも早く練習をしていたそうですよ。

1時間早くいって、1人でストレッチや基礎練習をしていたそうです。

それを毎日していたのですから、鈴木彩艶選手はすごいですよね。

コーチは、鈴木彩艶選手は努力の人だと称賛していました。

センスか努力でいったら努力の人
努力の才能がある

と話していました。

なぜ努力を継続できたのかというと、鈴木彩艶選手は、

「準備ですべてが決まる」「後悔しないように、時間は有限であると思っている」

と語っていました。

ストイックに努力し、鈴木彩艶選手は、サッカーのU―22日本代表になるほどの選手になったのですね。

鈴木彩艶のプロフィール

鈴木彩艶選手のプロフィールも見ていきましょう。

鈴木彩艶のプロフィール
  • 名前:鈴木彩艶(すずきざいおん)
  • 生年月日:2002年8月21日
  • 年齢:20歳
  • 出身地:アメリカ生まれ埼玉育ち
  • 国籍:日本
  • 身長:190㎝
  • 体重:93㎏
  • 血液型:AB型
  • 在籍チーム:浦和レッズ
  • ポジション:GK

鈴木彩艶選手の名前は「ざいおん」と読み、珍しいですよね。

名前の由来は、聖書に登場する聖なる丘の「Zion」からきているんだとか。

もーもー

かっこいい!

本人も自分の名前を気に入っているそうです。

鈴木彩艶選手は「浦和レッズジュニアユース(中学)」、「浦和レッズユース(高校)」に所属した後、16歳で浦和レッズとプロ契約を結びました。

16歳でプロサッカー選手とは、驚きですね。

鈴木彩艶選手の今後の活躍に期待です。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次